〜電子工作日記〜



再起動 2006年05月31日(水)

  なんとか復活しました〜

中部練習会&学際お疲れ様でした〜

ってもう水曜日ですか、はい。
まっ今回私は遊んでいただけなので特に報告することも無いんですけどね。

で、家に帰ってから謎の吐き気をもよおし、まじにヤバイと思ったんで病院へ。(日曜日のそれも夜間だったので対応悪いかとも思ったけどいたしかたなし)
点滴をうってもらうがすぐには症状は変わらず。
医者のほうも「応急的な処置しか出来ませんので一晩様子を見て朝ちゃんと内科にかかってください」と。

で翌日。
やっぱ症状は変わらずなので、内科へ。
結局また点滴。

更に翌日。
吐き気はおさまるが頭を上下すると頭がくらくら。
でも寝ていれば意識ははっきりしていて暇なのでPSPでもっと。
チープなブラウザではあるけどネットサーフィンできるかできないかでは大違い。
そこで足裏サイズ最大110mmを知りショックを受けたりする。
PSPのブラウザであちこち見ていると正常に表示されなかったりなんとか読めるかなんてページがあったりするんですがここのページが最高。

スタートボタン押してもゲーム始まらないんですが(笑)

でさらに翌日、ていうか今日。
なんとなく良くなったようだけどめまいがする様な気もするので大事をとって会社はもう一日お休み。
午前中は寝ていました。
午後からはぼちぼち行動開始。
ロボットが未だに車に積みっぱなしだったのでまずは降ろしてっと・・・んんん?ワイヤレスドアロックが利かない?
ちょっと待った〜。
キーでドアを開けるがエンジンはかからない・・・・いや正確には私のマイカーは「エスティマ・ハイブリッド」なのでエンジンではなく「ハイブリッドシステムが立ち上がらない」と言うべきなのだが・・・。
なんにしても・・・バッテリー上がりorz...。
え〜一応説明しますと(トヨタの)ハイブリッド車は動力用の高電圧バッテリーの他に12Vのバッテリーも搭載しているんです。
ロボットにたとえるなら動力用のリポと制御用の9V角電池を両方積んでいると思えばよろしいでしょうか。
つまりハイブリッド車の制御回路は普通車と同じく12Vのバッテリーで動いているんです。
これが上がってしまうとCPUが立ち上がらなくなって・・・普通車と同じバッテリー上がりを起こしてしまうんですね。
でエスティマの場合はそんなときに普通車がブースターケーブルでバッテリー同士を繋いでエンジンをかけるのと同じように専用の「救援端子」などというものが存在します。
ブースターケーブルで12Vを供給してもらってハイブリッドシステムを立ち上げるわけですね。
で、周りを見渡せども使えそうな車(バッテリー)は見当たらず、そもそもブースターケーブルなんか持っていたっけ?
暫く悩んで・・・困ったときのアルインコ(爆)。

をニッケル水素充電器にたまたま付いていたワニ口とバナナ端子のケーブルがあったんで直結!!(真似してはいけません。アルインコか車が壊れても私は一切責任持ちません。)
まっスターターモーターを回すわけでも無いはずなので線が細くてもいいかと思いキーを始動。
何とか起動に成功しました。
そのままディーラーに電話してバッテリーの在庫を確認。(在庫切れだったらしいですが豊田市近郊なのでメーカー直送30分♪)
交換してもらってきました。(まぁ4年以上交換していないし)
これがその12Vバッテリー。(ハイブリッド車の場合補機バッテリーと言います)

専用品らしいのでそこらのガソリンスタンドとかでは多分交換不可。

さて明日からお仕事だ・・・
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -